shanの雑日記

子育ての振り返りから日々の雑感など

ジェンダーレス時代の制服と学生服リユース

新学期が始まって1ヶ月以上が経ちました。

毎朝通勤途中に地元市にある中学校の前を通るのですが、昨年度までは無かったブレザー姿の中学生をチラホラと見かけることがありました。

地元市の中学校、男子は標準学生服(いわゆる学ラン)で女子はセーラー服(各学校により襟のラインに違いあり)だったハズ。

この中学校(A中学校)の制服が変わったのね。

流行のジェンダーレスかな。

そんな風に思っていました。

 

先日仕事帰りに妹宅に行く途中、私の母校でもあるB中学校の女子生徒がA中学校と同じブレザー+スラックス姿で歩いているのを発見!

疑問に思ったので妹に聞いてみると、A中・B中どころか地元市では一斉に新しいブレザー型の制服が導入されたそうです。

女子もスカートのほか、スラックスも選べるとのこと。

新1年生は基本的に新しい制服となりますが、2・3年生は従来の制服のまま(新たに購入することも可)。

1年生も兄弟・姉妹が着ていた物など、従来の制服を着用することも可能。

家庭によっては新たに制服を揃えることが負担になる場合もあるだろうし、この辺りは柔軟に対応しているようです。

しかも地元市内、全ての中学校が同じ共通のブレザー型の制服!

地元市が全部同じ制服になると、市内に住む親戚や知り合いにお古を譲ってもらうこともできるだろうし、市内で転校することになっても新たに制服を買い直すことも不要。

リユース(使える物は繰り返し使う)的な側面からも、なかなか考えられているなあと感心しましたが、妹いわく

「学生服よりブレザーの方がネクタイだのベストだのが必要なので高くなる!」

とのこと。

姪は中2なので従来のセーラー服のままだそうですが、甥が来年中学生になるので妹的には不満なようです。

 

 

 

このような男女ともに同様のデザインの制服(いわゆるジェンダーレス制服)を採用する動きは広がっているそうです。

心と体の性が一致しない生徒のためだけではなく、中学までスカートをはいていなかった女の子がスカートに抵抗感を示すこともあったとか。

わかるなあ。

私もスカスカしてまとわり付くスカートが大嫌いでイヤイヤはいてたし。

ジェンダーレス』といった観点だけでなく、寒暖差のある時期の調整しやすさもブレザーの方が優れていると思います。

大昔、夏服になる前の暑い日なんてあの大きな襟で肩や背中が熱いのなんのって!

顔を真っ赤にして我慢してたし…。

 

そう言えば、甥が中学生になったら洗い替えにでも使えるだろうと息子の高校時の学生服を置いていたことを思い出しました。

息子は中高とも標準型学生服。

地元中ではないけれど、同じ標準型なので学校のボタンを換えれば使用可能です。

けれど甥は新しいブレザーの制服になるので息子の学生服は不要となりました。

息子の学生服は比較的キレイなのでそのまま捨てるにはもったいない。

リユースできればいいなと思い、何か方法はないかと調べてみました。

 

まずはやったことのないメルカリやフリマサイト。

これらは青少年保護・育成および衛生上の観点から使用済みの学生服類の出品は禁止されているそうです。

個人情報特定の恐れやアダルト的な目的に使用される恐れがあるそうで、体操服等も不可。

少しでもお金に替えたいと思うなら、制服専門の買取業者を利用する方法もあるようです。

けれど、どうも私には息子が着ていた学生服をお金に替えるという思考が働きません。

この思考が、お金が貯まらない原因なのかも…。

まあでも、やっぱりお金に替える選択肢はなし。

 

さらに調べると、私が今住む市には不要となった近隣の学校の制服を回収し、修繕やクリーニングを行い、必要な方へ安価で提供している『制服リユースショップ』があるそうです。

寄附という形になり、今住む市内の数カ所に設置されている回収BOXに入れるだけ。

息子高校(今住む市内にあり)だけでなく、標準学生服なら使用している学校はまだたくさんあるし、新しい学生服の購入で困っている人が安価で購入できて着てもらえればいいかな。

学生服のリユースを通して、

○貧困をなくそう

○つくる責任・つかう責任

といったSDGSの取り組みに少しは貢献できるのかもしれません。

3年前の学生服でも回収可能か、聞いてみたいと思います。